代襲相続

投稿日時 2010-06-01 12:19:02 | カテゴリ: 相続

血族相続人の中で、相続の権利がありながら、相続の開始前に死亡していたり、欠格や排除によって相続権を失っていいる場合には、その子(被相続人からみれば孫または甥や姪)が代わって相続人になる。




町山公認会計士・税理士事務所にて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.ms-cpaoffice.com

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.ms-cpaoffice.com/modules/glossary/index.php?page=article&storyid=29